中古着物を上手に保管しておく方法

普段からのお手入れが大事

着物を着用した後は、まずはホコリを払って風を通しておきます。着物を着ると意外と汗ばんでしまうので日陰で風通しの良い場所で専用のハンガーを使って干すと良いでしょう。しまう時はシミや汚れがないかを丁寧に確認します。少々の汚れならば自分で処理も出来ますが、着物は生地や刺繍、模様などによっては自己処理ではかえって傷めてしまう可能性があります。汚れが気になる時は専門のクリーニング業者に依頼することをおすすめします。
着物はシワにならないようにきちんと畳み、たとう紙に包んでタンスや押入れに保管します。カビの発生や虫食いを防ぐ為に、防カビや防虫の対策をしっかりとしておくことが重要になります。
保管したままにしておかず、年に数回は虫干しをして着物の劣化を予防しましょう。

着物は買取ってもらえます!

着物を長い間保管しておくのは、手入れや防カビ・防虫対策などなかなか難しいものです。もう袖を通す予定がない時は、中古着物として売却することをおすすめします。
着物は専門の買取業者に依頼することで、着物を必要としている人に着てもらうことが出来ます。着物は月日が経つことで劣化が進んでしまいます。また、着物にも色や柄などの流行があり、購入してから間もないものであれば買取価格も高くなる傾向があります。
まずは、自分の着物がどれくらいの価値があるのか、買取業者に査定を依頼してみましょう。作家物だったり有名産地のものであれば高額査定が期待されます。
いつまでも着物をしまっておくのはもったいないです。思わぬお小遣いになるかもしれませんし、査定はほとんどの業者で無料で行なっています。着物の売却を検討したら買取業者へ問い合わせてみましょう。

© Copyright Kimono Brands. All Rights Reserved.